お申込みから葬儀までの流れ

  1. あらかじめ事前に相談の場合

    「もしも」の時に備えて、事前に心配な点などを相談しておくと安心です。

    • 不明な点は事前に確認しておく
    • 葬儀社の連絡先を控えておく
    • 会場の事前見学などを行う

    万が一の際

    万が一の際は、琴似葬儀社がしっかりとサポート致します。まずはご連絡ください。

    病院でお亡くなりの場合

    • 死亡診断書を受け取る
    • 葬儀社へ連絡する

    ご自宅等でお亡くなりの場合

    • かかりつけ医へ連絡
    • 葬儀社へ連絡する
    もしも…のときは、まずご相談を!24時間365日対応!
    011-611-5650
  2. 搬送

    お問合せ時に、お迎えの場所をお知らせください。

    当社スタッフがご指定の病院・施設などにお迎えにあがり、ご自宅か安置場所へご遺体をお送りいたします。

  3. ご安置

    もしご自宅にご遺体を安置できない場合は、琴似葬儀社へご相談ください。

    弊社提携の安置場所をご案内致します。ご遺体を安置し、枕飾りを設置いたします。

  4. お打合せ

    ご葬儀までは準備期間が短いですが、スムーズに打ち合わせが進行するようにサポート致します。

    故人やご遺族の意向を元にご葬儀の内容を決めていきます。

    宗教・宗派の確認を行います

    宗派によってお葬式の形式に違いがあります。

    もし宗派が分からない場合は、親族などに確認しましょう。

    葬儀施行の規模を検討します

    故人の生前の希望・職業などを考え、葬儀の規模を決めます。

    その上で参列者の人数を予測し、式場、返礼品、料理の数を決めていきます。

    通夜・葬儀の会場と施行日時を決めていきます

    宗教者の都合や、火葬場・式場の空き状況などを考慮して決めます。

    トータルの葬儀費用を計算し、プランを決めます

    お伝えいただいたご要望をもとに、最適なプランをご提案致します。

    不明な点などがございましたら遠慮なくお申し付けください、しっかりとご説明させて頂きます。

  5. 納棺

    故人を讃え、おくりびとによる湯灌・納棺を行ないます。

  6. 通夜

    通夜はご遺族やご親族、親しい人が集って死者と共に一夜を過し、邪霊の侵入を防ぐ儀式です。

  7. 葬儀

    告別式では葬儀において、故人および故人の霊に対して別れを告げる儀式で、一般的には通夜の後(翌日の昼)に執り行われます。

  8. 出棺

    親族や会葬者の手で、祭壇に飾られていた供花をお棺の中に入れてお見送りします。その後、香木の上に載せ火葬にし、その後塔を立て供養致します。

  9. 火葬

    ご遺骨を受取り、初七日法要の会場ヘ向かいます。そこで法要の読経を終え、参列者の方々に、食事の接待をします。

  10. ご自宅へ

    ご遺骨を後飾り祭壇(中陰壇)に安置致します。